您的位置: 滨州信息港 > 教育

PS3如龙3首卖會照片PS3游戏新闻游戏

发布时间:2019-06-15 17:49:27

[PS3]如龙3 首卖会照片...._PS3游戏_游戏资讯_玩家

导读:2月26日的首卖会共在3地举行 近如龙采访很多,这个暂时不翻译了 イベント后に取材を受けた黒田さんと名越氏 Q. 発売当日の様子を見て、手応えと感想は? 名越氏: 今回はいままでより(イベントの)場所も回数も多かったんですけど、10分に何本売れるかを見

2月26日的首卖会共在3地举行

近如龙采访很多,这个暂时不翻译了

イベント后に取材を受けた黒田さんと名越氏

Q. 発売当日の様子を見て、手応えと感想は?

名越氏: 今回はいままでより(イベントの)場所も回数も多かったんですけど、10分に何本売れるかを見ていた限りではハンパなかったので、「龍が如く 見参!」のときの2倍じゃきかないくらい売れているのではないでしょうか。しばらくしたら恐ろしい数字が報告できる予感がしています。やっぱり数字はすごく気になりますね(笑)。(ファンの)熱さはもう十分に伝わっているので……いい発売日です。

黒田さん: ずっと関わらせていただいている作品なので、やりがいがあったというだけではなく、いい物は多くの人たちに知ってもらいたいと思っているので、今の名越さんの言葉がとても嬉しかったですね。

Q. 女性ファンが多かった印象があるのですが、いかがですか?

名越氏: ユーザープロフィールからすると2割くらいが女性ユーザーなので、(今日のイベントでも)5人に1人くらいは女性がいた気がしますね。女性の方は「こういうものがこうなってほしい」というよりも、男に向けているものについてきているという女性の方なので、割としおらしい(方が多い)という気がします(笑)。

黒田さん: 基本は男性がやっぱり多いんですけど、彼なり旦那さんなり、いったんゲームを休んでいた人たちが、「龍が如く」シリーズをやり始めてくれて、それを横で見ててファンになったっていう女性の声をよく聞いていますね。

Q. 購入を迷っている方へのコメントをお願いします。

名越氏: 営業的な意味合いで言うと、これは1つのブームになっていると思うので、今日本のゲーム業界に新しいムーブメントが出ているということを知って欲しいし、それを体験してみて欲しい。“これが次世代機”という新しい価値観も含めて、感じて欲しいです。

个人的に言うと、自分の作ったものがおもしろいと信じるのは当たり前なのですが、そう言い切れない时代になってきた中で、僕的にはまず自分がだと、おもしろいと信じ切れるものを毎回出しているので、おもしろいものに触れたいな、気持ち的に残るような何かをゲームで感じたいなという人は迷わず選んでもらえれば、里切ることはないのでぜひ触れてみていただきたいなと思います。

黒田さん: 私たちの子供时代にあった、損得とか利害じゃなくて自分の正義のためにだとか、自分の何の得にならなくても体を張って誰かのために生きていく……そういったものがなくなってしまっている今、本作を購入していただいて、みんなが豊かになって忘れていってしまったものをゲームによってもう1度感じることによって、1人1人が強くなっていただければなと思っています。そうしないと、本当に1人1人が自分の足で歩けるようになっていかないと、これからの时代、1人では生きていけなくなるのではないかなと。(本作は)何かパワーになる作品ですので、ぜひともプレイしていただきたいなと思います。

Q. テレビCMではお2人は競演していますが、いかがでしたか?

名越氏: もともとPS3は“めざめる”をキーワードに展開していたので、“めざめさせているのは誰か?”というのをやりたいねと話していて、やるんであれば出たいと話していたのが(テレビCMに出演した)理由です(笑)。逆にあれでまたいろいろなクリエイターの人がゲームも含めたメッセージを出していけば、ゲーム業界への理解も進んでいくのではないかなと思うので、あのCMに限らず、積極的にいろいろな形で訴えられる場面があれば、僕は(露出の機会を)増やしていきたいなと改めて思います。

黒田さん: 僕は声だけなんですが客観的に見させていただいて、実在の名越さんと(ゲームキャラクターの)桐生が共演すると、桐生一馬が画面の向こうの人間じゃないっていうか、2次元の世界じゃなくて、よりリアルに皆さんに届いてくれたらいいかなって。

名越氏: 僕自身、コンテ書いたりしているときに、「僕が作った物なんだけど、僕の憧れでもあるんだよ」というキーワードは出したので、それが根底に活かされているものにはなっていると思います。(「信念」というキャッチフレーズは)今回は信じる気持ちをすごくシンプルでひねりのないものなんですけど、それがテーマになっているし、信頼でも信用でもいいんですけど、“信じる”というものの中にすべて含まれているのですが、その原点ということで「信念」にしました。

Q. 新宿、大阪、沖縄ときて、次に続編を作るとしたら次の舞台は頭の中にありますか?

名越氏: あるわけないじゃないですか(笑)。

黒田さん: 私はもう全く部外者として……イタリアあたりどう?(笑)

名越氏: いろいろあるんですよね。海外へ行ってみて欲しいっていうのもいるし、今日も(ファンの方に)「出身地で」と言われたし。旅番組みたいになりつつもあるんですけど、それはそれで1つの楽しみ方ではあるのかもしれないし。次がもしあるのであれば、たぶんキャスティングよりも楽曲タイアップよりも、舞台の方がたぶん1番悩むことになるんじゃないかと。そのプレッシャーだけは感じています(笑)。.

外贸网站建设,这几点很重要
肺癌
运动养生
猜你会喜欢的
猜你会喜欢的